2013年03月28日

運転免許の更新日までに視力を基準値まで回復させる方法とは

運転免許更新時には視力検査があり、適正と認められる基準があります。

両目で0.7以上で、かつ片目でそれぞれ0.3以上、片目の視力が0.3に満たない、もしくは片目が見えない場合は他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上となっています。

この0.7という基準を裸眼でクリアできれば、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないで車が運転できることになります。

眼鏡をやめる

視力を回復させる手段としてレーシック手術が有名ですが、合併症などのリスクは怖いですし、レーザー手術にはある程度の費用がかかります。

運転免許更新日までにまだ日数があれば、病院に行くことなく、自分で視力を回復させるトレーニングが適しています。

任天堂DS脳を鍛えるシリーズで有名な川村明宏博士が開発した方法『ジニアスアイ』です。

この方法を実践することにより、眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなり、レーザー手術を受けなくても自分自身で視力をアップすることが可能です。

間近に迫っている更新で交付される運転免許証から「眼鏡使用」の文字が消せるのです。

眼が悪くなっていくのは、眼の使い過ぎであるからと一般的に思われていますが、実際には正しい眼の使い方をしていないから視力が低下していきます。

正しい眼の使い方を日々実践し、使えば使うほど眼筋が鍛えられ、短期間で視力を回復できるのがこの方法なのです。

やって頂くのは1日数分間、専門のトレーニングサイトにアクセスして眼を使うゲーム感覚のトレーニングをするだけです。

今まで実践された方の97.3%がその高い効果を実感しており、小さいお子さんから80代の年齢の方まで誰でも実践できる視力回復法ということから、多くの人にその効果が口コミで広がっているのです。

51歳男性の例ですと、右(0.3)左(0.4)で眼鏡を使用して自動車を運転していましたが、ジニアスアイを実践して14日後、右(0.9)左(1.0)まで回復し、眼鏡が不要となりました。

運転免許の更新を控えている方は、ぜひこの方法を実践頂き、眼鏡がいらない運転を実現させて下さい。

トレーニング法の詳細はこちら

posted by 研作 at 23:58| 近視を自分で治す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。